読売エージェンシー東海 YOMIURI AGENCY TOKAI読売エージェンシー東海 YOMIURI AGENCY TOKAI

スタッフ紹介

社員はどんな仕事をしているのか?社内でインタビューを実施し、休日の過ごし方も聞いてみました。当社社員の担当業務・OFFの過ごし方をご紹介します。

担当者紹介

社員の担当業務の紹介と仕事への想い、OFFのすごし方など

布目 幸治 布目 幸治
<営業部>
営業グループ
課長 布目 幸治

チームで打ち合わせを重ね、
クライアントの課題解決に結び付いた時、
何よりのやりがいを感じます。

現在担当している仕事、そこで実感したやりがいを教えてください

新聞広告やWebサイトの制作、イベントの運営など、クライアントの要望や課題をヒアリングし、最適な広告提案を行っています。クライアントが抱える課題の解決方法は一つの施策で完了するものではありません。また、それらはスタッフィングから始まり、様々なステップを経て制作に取り組むため、1週間で終わるものもあれば、Webサイトの制作やイベントの実施のように半年以上かかる場合もあります。
一つ一つを最善のものに仕上げていくために、クライアントや協力スタッフの方々とゼロから打ち合わせを重ねてつくり上げていく過程や、完成して喜んでいただいたときは何よりやりがいを感じます。

最も記憶に残っている仕事は何ですか

イベントへの出展が初めてであったクライアントに、イベントの選定からブース設営のためのすべてを任せていただいたことです。好結果につながったと喜んでいただき、これがきっかけとなり信頼関係を築くことができました。それ以降、Webサイトやプロモーションビデオの制作など、企業ブランディング、さらには今後の広告戦略を一緒に相談しながら進めていける環境へと進展しています。
クライアントが明確な方向性を決めておらず、すぐに結果には結びつかなくても、課題を提示しながら良き相談相手として親身に対応する大切さを実感しました。丁寧なコミュニケーションは、やがて強力な信頼関係を育てるための種まきであると思っています。

現在の課題とその解決策は何ですか

仕事の領域を広め、提案力を高めることです。そのためにはクライアントの理解を深めると同時に、協力スタッフの方々とのコミュニケーションを深めることも必要です。それらを通して、幅広い広告領域の中から効果的な提案ができるスキルを身につけ、クリエイティブやブランディング全般にもっと多く携わっていきたいと思います。

布目 幸治 ON

PAGE TOP